25歳で起業!とある美容院オーナーのブログ

名古屋の人気美容院Seeekの代表ブログや経営、美容、知っておくだけで為になる事間違い無し内容の記事が満載のページです♪

*

髪が痛む原因を書いてみたので最後まであきらめないで!

   

髪の毛が引っかかってストレス!!

ツヤが無くて老けて見られる!!!

バサバサな髪をどうにかしたい!!!

などなど、、、

男女共に髪の悩みは様々な問題があります。

 

 

今日はそんな悩み解決の為には、まず原因を知ろう!という事でまとめてみました。

 

 僕自身も自分のサロンSeeekで多くのお客様を接客をさせて頂いて

お客様に良く質問されるのは、『髪のパサつき』でした。

今回は『髪の毛のパサつき』について紹介していきます!!

髪の毛がパサつくって、具体的にどの様な状態でしょうか?

では、『髪の毛のパサつき』ついて、詳しく紹介したいと思います。

髪の毛の表面には髪の毛を保護するキューティクルがあります。

このキューティクルが深くパサつきに関係しているのです。

髪の毛を保護するキューティクルが色々な日々のダメージが原因で

開いてしまったり、剥がれてしまうと、

内部の脂質やたんぱく質が抜けていきます。

そうなると髪の毛が水分を保持する力を損なって、

結果的に髪の毛がパサついてしまうのです。

また、食生活の崩れや、

血液の循環が悪くなると、

髪の毛の根元部分の毛母細胞に栄養が渡らなくなり、

栄養不足から髪の毛がパサついてしまうのです。

 タバコもやっぱり髪にはよくないんですね(>_<)

この様な状態を放置していくと、

髪の毛がゴワゴワになっていき、

まとまりが悪く、ツヤが無くなっていき、

髪の毛がパサパサになって、髪の毛が広がりやすくなってしますのです。

 実は髪の毛のツヤで実年齢よりマイナス5~8歳に感じるなんて

統計もある位髪のツヤは大事なんです!

SS-ケラスターゼ横

 

様々なオイルトリートメントを使ってケアしましょう♪

 

さて次は、キューティクルを壊してしまう原因をご紹介しましょう。

これを読んでいる皆さまもチェックして下さいね!

●シャンプーやり方

爪を立てて頭皮を洗ったり、髪の毛同士でこすり合わせていませんか?

間違ったシャンプーの仕方で、頭皮や髪の毛が傷んでしまいます。

正しい方法・

↓合ってますか?

シャンプーはもみ洗いが基本です。

頭皮の汚れを押し出すようにマッサージする感覚で洗って下さい。

指の表面で根元を洗います。シャンプーの泡で髪の毛を洗う感じで決して強い力を加えずに行って下さい。

すすぎも大事です。残留しないようにしっかり流しましょう♪

●ブラッシングの仕方

絡まった髪の毛を無理にほどこうとせずに、目の大きいブラシを使用してほどきましょう!

枝毛や切れ毛の原因になるので注意して下さい。

この際に流さないトリートメントなど使用すると尚、保護成分により髪の毛のお手入れになります。

●紫外線(UV)の対策

髪の毛の天敵と言っていいのが、紫外線です。

お肌の紫外線対策は皆さまするのですが、髪の毛にも紫外線対策をしましょう

紫外線を受けすぎると、キューティクルが開いてしまって、キューティクルが剥がれてしまいます。

対応策としては、

紫外線に当たり過ぎた髪の毛に保護材を使用する(トリートメント)

●カラー・パーマの後のお手入れに注意

パーマやカラーリングは、髪の毛の内部に刺激を与えます。

どんなに、刺激の少ない薬剤でもお手入れをしないと大変な事になるので注意して下さい。

カラーやパーマなどを行った後は、サロントリートメントを是非行って下さい!

実際目に見えるモノではありませんが、体感値が違います。

そして

髪の毛に直接栄養分を注入するのでダメージの軽減、ツヤ感UP、カラーの退色防止になります。

●髪のドライの仕方

キューティクルは髪の毛が濡れていると開く性質があるので、非常に傷みやすい状態です。

シャンプー後の自然乾燥は注意して下さい。

逆に開いている状態なので、この時に流さないトリートメントなど栄養を補給してあげると

効果的です!!

キューティクルは熱にも弱いので高温ドライヤーの熱を頻繁に一か所に受けると毛先から

ダメージの原因になるので注意してください。

なので、濡れている髪の毛に絶対にコテやアイロンを使用せずに、ドライをした後に使用しましょう。

●食生活の栄養不足

髪の毛は、栄養が回る順番として一番最後になります。

これ大事(>_<)

バランスの悪い食生活を続けると髪の毛に栄養が回らずに痛みの原因になってしまいます。

●ストレスバランス

ストレスの影響でホルモンバランスが崩れたり、すると、全身の血行が悪くなり、髪の毛が徐々に

細くなっていき、同時に傷んでいく原因になります。

女性ホルモンが減少すると、髪を作る機能が減少して毛母が消失して、髪の量が減ることになります。

実は知ってる様で知らない事が満載の記事にしてみました(^_^)

この様に様々な日々の髪へのダメージが迫っています。これを読んで一つでも対処できる事があれば実践してみましょう。

今日はかなりプロの美容師としての目線でまとめてみました。

参考になれば幸いです(^_^)

ヘアケアアイテムをお探しの方はこちらから↓

 http://www.seeek-selectshop.com/

 - 美容師ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

美容師で年収1000万円は狙えるか考える前にまずは10年やりましょう。
ヘアメイクに行ってきました!【ウルトラジャパン2015】
2014年プロが選ぶ最強オイルトリートメントはコレ!!
美容院を開業したばかりの時の反省と振り返りをまとめてみた。
名古屋でコーンロウ、ブレイズ等の特殊ヘアをするならSeeekへ行ってみよう!
エクステに興味のある方は読んでみましょう!名古屋でエクステを付けるならSeeekがおすすめ♪
遂に髪が痛まないストレートアイロン【ヘアビューロンアイロン】が入荷しました!
500円だったと思ったら500ウォンだった件 笑
腸を改善するだけでここまで変わる!?キレイになるには欠かせない話!
僕って東海エリアじゃだいぶ有名な美容師になってるみたいです!男性客のカットも全然OKです!