25歳で起業!とある美容院オーナーのブログ

名古屋の人気美容院Seeekの代表ブログや経営、美容、知っておくだけで為になる事間違い無し内容の記事が満載のページです♪

*

美容院を独立開業したい方は読んでください!

      2014/08/28

店内2014、1月

美容院の開業、起業をお考えの方必見の内容を詰め込んでみました。

 

今このブログに辿りついたという事は、少なくとも美容師さんでこれから独立を考えてる方が多いと思います。

そんな方々に向けて僕が独立する際に調べたかった情報を書いておこうと思います。

 

僕は美容師を始めて7年で独立し、自分のお店を持ちました。

2009年で当時25歳でした。場所は名古屋の繁華街の近く。

最初は手探りで情報収集をし、勢いのみでの出店になりましたが

今では規模も拡大し順風満帆な生活を送っております。

 

ではまず美容院を出店するのにはどんな段取りか簡単にご説明します。

資金調達

店舗選び(場所探し)

屋号決め(店名を決める)

保健所へ申請

税務署へ申請、登記

施工業者へ依頼

メンバーズカード、チラシ類の作成

広告媒体選び

OPEN

 

ざっくりこんな感じです。しかも多少順番が変わっても大丈夫です。

この段取りで念願の自分の城を持つ事が可能です。

何が不安かって??

それは資金繰りですよね。

初めての出店・・・不安はあって当たり前です。

開業資金があっても運転資金がなければお店は潰れます。

ランニングコスト(毎月必ず出費するお金)の事も考えて構想を練らないといけません。

 

まず出店費用ですが自己資金をどの位作っておけるかが大事です。

例えば1000万円のお店を作るとして、自己資金を貯めるのはなかなか難しいです。

銀行の融資か国金(金融公庫)から借入して動きだすのが、一番近道です。(本当は貯めてからが理想ですけど・・・)

融資を受けたい金額の3割は自己資金を貯めておきたいですね。

 

続いて出店場所選び

場所は駅近くの物件がいいとか、人口分布とか、周辺環境を実際見て人の流れを見た方がいいとか・・・専門書には書いてありますが

それはもはや当たり前 笑

周辺のライバル店の把握や、テナントの外観、平日と土日の人の流れ等は実際に自分の足で調べる事が一番大事だと思います。

でも最終的には人を集めるのは広告と紹介です。

多少場所が悪くてもマーケティングを駆使する事で繁盛させる事は可能です。

 

余談ですが・・・

僕が最初に出店した場所は最寄駅から徒歩5分

入口はオートロックのデザイナーズマンション2階の10坪の空間でした。

入口がオートロック??

そう。広告がなければそこに美容院があることすらわからない様な場所で僕は独立開業しました。

ある意味チャレンジャーです。ですが、結果連日予約で埋まる大盛況サロンになり3年経たずに移転拡張する事になりました。(このお話しはまた違う機会に)

 

次は店名を決める。

記念すべき最初のお店の名前!!

自分の子供に名づける気持ちで全力で考えてください(^_^)

昔『A』から始まる名前は繁盛店舗に多いよ。と教えてもらいましたが、

僕は『S』から始めました 笑

 

次に保健所、税務署への申請

保健所で紙をもらい見取り図を描きます。待合のスペースは全体の何割必要とか、仕切ってないといけないとか

カットスペースの広さ、消毒器の配置場所等、わかりやすく書かないといけません。市町村別で少し違うみたいなので問い合わせてみてください。

税務署や役所への登記は意外と簡単にできます。

時間がかかるのは保健所の方がかかります。

専門書には難しく書いてあったりしますが、実際現地に行って役員さんに聞けば早いです。

 

そして施工会社への依頼

実際保健所の申請までいく前に内装等は考えておいて、デザインや施工が終わってから申請ですが、

同時進行でもいいと思います。

だいたいOPEN前ってテンパってるので時間配分が難しいですが、

やりながら調整すればいいです。

デザイン施工料金は坪何十万と幅はありますが、

やりたい内容によるのでここはなんとも言えません。予算に見合った店舗作りが必要ですが、調子にのると後で困ります。

やりたいデザインがあれば後で付け足せばいいんです。

最初から多くコストをかける位なら、広告費や運転資金に回した方がいいです。

潰れたら意味がないです。

 

そしてカード類、チラシ作成、広告媒体選びです。

お店のカードやチケットを作ったら、

最後は広告ですね!

というか一番大事な部分です!!

 

いいですか??

まず、独立を考えているという事は、お客様もたくさん持っていると思います。

じゃ、独立すればそのお客様も来てくれるから広告にそんなお金かけなくても大丈夫でしょ~。なんて思うと思います。

実際独立したとしてお客様がついてきてくれるのは、

30~50%位だと思っておいてください。ここで油断して何も広告をかけないのはマズイです。。。

ほぼ100%のお客様がついてきてくれたなら、それはそれでOKです。

大事なのはリスクヘッジしておく。危険回避です。

1回来てくれても感動が薄ければ失客します。

新規のお客様を呼び込む仕掛けもしておく事が肝心です。ケチケチせずに広告に力を入れてください。

後はOPEN日を待つのみ。

多くのお客様に愛されるお店を作ってくださいね(^_^)

 

最後に

長くなってしまいましたが、読んで頂きありがとうございます。

僕の経験談も踏まえて書いてみたので専門書に比べれば多少内容が薄い部分もありますが、

全体の流れはわかると思います。

僕は現在美容院も経営しながらWEB会社も経営しております。

お店のブランディングを強くしないと今後の厳しい美容業界は乗り越えていけないと思います。

まずは3年間お店を継続する事を目標に頑張ってください。

実際1年以内に潰れるサロンも多く見てきました。中には半年でなくなるお店もありました。

経営プランも同時に立てて、自分から情報発信をする事を忘れないで、

最高のサロンを作ってくださいね!

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 - 経営者ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

やりたい事があるのにくすぶってる人って多いと思うけど、まずコレ読んでみてください!
アパレルブランド Bennu(ヴェンヌ)のコレクションに参加してきました!!
男のまつげエクステをやろうと思います(仮)
なぜ僕が【全ての席が個室美容院】を作ろうと思ったかの歴史。
YouTube広告を活用して、こんな事もできちゃう!動画広告を名古屋でやりたい人募集中♪
ビットコインで決済ができる様になりました!【名古屋】栄エリアの美容室では初の試み♪
経営者になってもうすぐ5年が経とうとしています。
キュレーションメディアについて考える
2015年名古屋の美容院でWEBを使って一番有名になる!!
遂に名古屋駅エリアにクラウドファンディングで半個室美容室をオープンしました!